建築学科 高度専門課程 4年制

カリキュラム例を見る

将来の一級建築士を
見据えたカリキュラムで最短取得を目指す。

独自の4年一貫カリキュラムで、講義と実習を通して高い専門知識を身につけます。
卒業時には、建築系大学と同等の「高度専門士」を取得。
これにより一級建築士取得に必要な実務経験が2年になり、最短での合格が可能になります。
また、建築系大学院へ進学も可能です。

  • 「二級建築士」・「木造建築士」
    受験資格取得
  • 「一級建築士」受験資格取得
    (要実務経験2年)
  • 「2級建築施工管理技士」
    受験資格取得
    (要実務経験1年)
  • 「1級建築施工管理技士」
    受験資格取得
    (要実務経験3年)
  • 大学卒業
    資格(学士)取得
    詳しくはコチラ
  • 高度専門士取得
    大学と同等。
    建築系大学院への進学が可能です。

建築学科イメージ

建築業界をリードするプロとの演習を通して、
独自の建築観を養う。

建築業界の第一線で活躍するプロの指導で、業界最前線の情報や空気感にふれるとともに、
一人ひとりの建築観を育てます。デザインワークや設計演習を通して、実践的な技術を向上させ、
感性や想像力を磨くことも将来建築家として社会に出るために必要なことです。
卒業研究では興味があるテーマを深く掘り下げ、少人数でみっちりと研究に取り組むなど、
知識だけでなく総合的な技術力を高めるためのカリキュラムが整っています。

  • 業界をリードする
    建築家などが指導

    建築学科イメージ

  • 日々のデザインや設計演習で、
    感性や創造力を磨く

    建築学科イメージ

  • インテリアの基礎を発展させ、
    インテリア空間のあり方を考える

    建築学科イメージ

  • 学生が興味のあるテーマをより深く研究する、
    選択制の「研究室」を設置しています。

    研究室(ゼミ)紹介へ

建築学科で取得できる資格(1年次から建築学科に入学した学生の場合)

インテリアプランナー / 2級建築施工管理技術検定試験 / 2級インテリア設計士 /
インテリアコーディネーター / 宅地建物取引士 / 福祉住環境コーディネーター /
カラーコーディネーター / インテリアパース / 建築CAD技能検定 / 測量士補 など

卒業と同時に取得

一級建築士受験資格(要実務経験2年) / 二級・木造建築士受験資格
1級建築施工管理技士(要実務経験3年) / 2級建築施工管理技士(要実務経験1年)

一級建築士を目指して3年から編入。建築で地域活性化に携わるのが目標です。 建築科から建築学科(3年次)に編入

新 拓也松山工業高校(愛媛県)出身(株)淺沼組内定

中学時代から将来の夢は建築の現場監督でした。工業高校へ進みましたが、社会に出る前に二級建築士を取っておきたかったのでKASDの建築科へ入学。さらに一級建築士最短取得を目指して、建築学科へ3年次から編入しました。 二級建築士とインテリアプランナー取得の後は、授業内容がレベルアップし、一級建築士対策も始まります。高度で中身の濃い学びで充実した4年間が過ごせました。希望していたゼネコンにも内定。地域の活性化に役立てるよう羽ばたいていきます。
※建築科から建築学科3年次に編入する場合は3年次に二級建築士・木造建築士取得が可能です。

取得資格 インテリアプランナー/二級建築士/木造建築士/2級建築施工管理技術検定試験/
2級インテリア設計士/福祉住環境コーディネーター2級/
カラーコーディネーター2級、3級/インテリアパース2級、3級/
建築CAD技能検定2級、3級/玉掛技能講習/安全衛生責任者・職長/
小型車両系建設機械(3t未満)特別教育

スマートフォンサイトはこちら