新着情報

京都大学名誉教授 瀬戸口 烈司先生による講義が実施されました。

2009.06.07

6月6日、7日の2日間にわたり、4年生を対象とした講義が実施されました。



今回の講義は、京都大学名誉教授で元京都大学総合博物館館長 瀬戸口烈司先生をお招きし、「変動する地球環境」というテーマで、大気と海洋の構造によって大きく変動する地球環境について講義していただきました。



このように、京都建築大学校では放送大学と連携する教育プログラムを導入することにより、京都大学をはじめとする国立大学を中心とした教授による講義を実施。

本校では在学中の「建築士」国家資格に加え、卒業時には大学卒業資格(学士号)を取得できます。この学士号は企業から国立大学卒と認知されており、就職活動時のエントリーシートには大学区分で「国立大学卒」としてエントリーできます。



2日間の終日にわたり実施されたこの講義、長時間にわたる講義にもかかわらず学生は熱心に耳を傾けていました。

一覧を見る

ツイートする

スマートフォンサイトはこちら