新着情報

ミラノ工科大学建築学部教授を審査員にお招きし、公開プレゼンプレゼンテーションを実施しました。

2013.02.13

ミラノ工科大学建築学部教授ロベルト・リッツィ氏を審査員としてお招きし、学生による公開プレゼンテーションを実施しました。

これは、将来、ミラノ工科大学建築学部と本校の学生同士の交流促進を図るために実施されたもので、イタリアと日本という文化が異なる環境下で学ぶ互いの学生の学習内容や表現力から、新たなアイデアや表現を習得することを目的としています。

今回は、ミラノ工科大学で実際に出された課題「読書空間〜ONE MAN LIVING/読書のためのスペース〜」に本校学生も取り組み、2月13日には、公開プレゼンテーションを行いました。

ミラノ工科大学ロベルト・リッツィ教授の前でのプレゼンテーションの様子。(10号館階段教室にて)




プレゼンの後は、リッツィ教授によるレクチャーで、ミラノ工科大学の建築学部の学生作品や授業の内容をご紹介頂きました。
また、最後には、今回プレゼンを行った25名の出展作品の中から3作品が選ばれ、選出された作品の講評を頂きました。

選ばれた作品は、ミラノ工科大学内で展示される予定です。

一覧に戻る

ツイートする

スマートフォンサイトはこちら