新着情報

フランスパリの「カルーゼル・デュ・ルーブル」にグループ校の講師・学生作品を展示・販売中です。

2013.11.08

2012年よりフランス最大の工芸振興組合「アトリエ・アール・ド・フランス」と京都府を含めた産官学連携事業として、世界最大級の国立美術館である「ルーブル美術館」の逆さピラミッドのアーケード内「カルーゼル・デュ・ルーブル」で行われる「世界の伝統的工芸品見本市」に、昨年に引き続き、今年もグループ校の京都伝統工芸大学校・京都美術工芸大学の教員・卒業生・在校生作品139点を展示・販売しております。種類は金属・竹・木工・陶芸・和紙など24種類にもわたり来場者よりご好評をいただいております。
また、昨年2月よりスタートした、ファッションデザイナーでグループ校の京都美術工芸大学客員教授 コシノジュンコ先生とのコラボレーション作品6点も展示しております。
展示期間は11月7日〜10日までです。

このような場所で展示できるチャンスがあるのも、本学院ならではであり非常に名誉なことです。

写真は現在展示中の様子です。

一覧に戻る

ツイートする

スマートフォンサイトはこちら