目指す資格

目指す資格について詳しく知ろう!

  • 一級建築士

    一級建築士 イメージ

    建築業界最高峰資格の1つで、国土交通大臣の免許を受け、建築士法によって定められている設計から工事監理までを行います。その他、建築の確認申請や建築物の調査鑑定など、建築に関するさまざまな業務があります。一級建築士はすべての建築物を設計することができます。

    受験資格
    大学で建築に関する科目を修めて卒業後、実務経験が2年以上の者。
    短期大学・専門学校(2年制)で建築に関する科目を修めて卒業後、実務経験が4年以上の者。
    ※実務経験とは、設計・工事監理に必要な知識・能力を得られる実務になります。
  • 二級建築士

    二級建築士 イメージ

    都道府県知事の免許を受け、建築士法によって定められている設計から工事監理までを行います。二級建築士は扱える建物の規模や、用途、構造等に制限がありますが、戸建住宅程度の規模であれば、木造・鉄筋コンクリート造・鉄骨造の設計をすることが可能です。

    受験資格
    大学・短大・専門学校で建築に関する科目を修めて卒業した者。
    実務経験が7年以上の者。
  • 木造建築士

    木造建築士 イメージ

    都道府県知事の免許を受け、木造2階建て以下、延べ面積300u以下の木造建築物の設計・工事監理を行います。勉強することで日本の木造建築(茶室など)を深く理解できます。

    受験資格
    大学・短大・専門学校で建築に関する科目を修めて卒業した者。
    実務経験が7年以上の者。
    ※実務経験とは、設計・工事監理に必要な知識・能力を得られる実務になります。
  • 建築施工管理技士

    建築施工管理技士 イメージ

    特に現場の施工管理で活躍する資格で、現場ごとに必要とされます。特定建設業の営業所には必ず専任の技術者として置く必要があり、ある条件以上の工事にも必ず必要とされます。建築工事の際に施工計画を立て、工事の進行・品質・安全の管理、工事に関わる人やお金の管理を指導監督的立場で行います。

    受験資格
    2級…大学卒業後実務経験が1年以上の者。
    短期大学・専門学校(2年制)卒業後、実務経験が2年以上の者。
    1級…大学卒業後実務経験が3年以上の者。
    短期大学・専門学校(2年制)卒業後、実務経験が5年以上の者。
  • 測量士

    測量士 イメージ

    建築や土木工事をする土地について調査するために必要な資格。測量に関する計画を作製し、又は実施します。

    受験資格
    大学・短大・専門学校で関連科目を修め実務経験を有する者。その他、測量士補からのステップアップや受験による取得も可能。
  • インテリアプランナー

    インテリアプランナー イメージ

    住宅や店舗・公共施設などの幅広い建築物を対象にインテリアの企画・設計から工事監理まで行うインテリア業界最高峰資格。インテリアコーディネーターに比べてより建築や施工部分に関わることが多く、一級建築士を視野に入れたステップアップ資格でもあります。

    受験資格
    年齢制限がなく、だれでも受験可能。ただし、合格後の登録が必要。(建築士は学科試験免除)
    登録条件
    大学・短大・専門学校などでインテリア又は建築に関する課程を卒業した者。
    建築士資格取得者。
    実務経験2年の者。
  • インテリアコーディネーター

    インテリアコーディネーター イメージ

    快適な住空間を作るために、家具や照明・設備やファブリックなどに関する専門的な知識をもとに提案やアドバイスを行う際に便利な資格です。業務が建築設計監理に及ぶ場合も多いので、二級建築士を取得するのもおすすめです。

    受験資格
    誰でも受験可能。
  • 福祉住環境コーディネーター

    福祉住環境コーディネーター イメージ

    高齢者や障がい者に対して住みやすい住環境を提案する際に、医療・福祉・建築についての知識・スキルを認定する資格。高齢者の住環境に関わる仕事に携わるためには必須の資格です。

    受験資格
    誰でも受験可能。
    (1級は2級合格が必要)
  • インテリア設計士

    インテリア設計士 イメージ

    インテリアに関する設計・施工などの知識・技術・技能があることを証明する資格。住宅やオフィスビル・商環境などにおいてインテリアの設計を行い、快適で安全・魅力的なインテリア空間の提供をする為に役立つ資格です。より高度な技術が求められる資格としてインテリアプランナーがあります。

    受験資格
    2級は学歴、1級は学歴と実務経験が必要。
  • カラーコーディネーター

    カラーコーディネーター イメージ

    取得することで色彩についての実践的な知識が身に付き、ファッションやデザイン業界だけでなく、商品開発や建築・広告・企画など多くのビジネスシーンで生かせます。

    受験資格
    誰でも受験可能。

資格は学習の成果であり、知識と実力の証。
あなたなら、どの資格を目指しますか?

資格早見表アイコン

資格対策授業または
対策講座
在学中取得
できる資格
受験資格内    容試験内容



一級建築士
国家資格
資格関連授業として実施
(卒業後実務経験を経て)
  本校建築科を卒業後4年の実務経験を積んだ者
本校建築学科を卒業後2年の実務経験を積んだ者
一級建築士を取得すると、国土交通大臣の許可を受け、全ての建築物の設計・工事監理を行うことができます。又、有資格者になることにより他の資格に関する優遇措置も多く受けることができます。

※詳細については「建築士法」をご参照下さい。
1次試験と2次試験にわかれる
【1次】@建築計画 A建築法規 B建築構造 C建築施工 D環境・設備
いずれも四肢択一の学科試験
【2次】設計製図
二級建築士
国家資格
資格関連授業として実施 在学中に取得できる資格、授業料に含まれる 本校建築科を卒業した者
本校建築学科を卒業した者
二級建築士を取得すると都道府県知事の免許を受け、木造で面積1,000平方メートル以下、木造以外で300平方メートル以下の建築物の設計と工事監理を行うことができます。

※詳細については「建築士法」をご参照下さい。
1次試験と2次試験にわかれる
【1次】@建築計画 A建築法規 B建築構造 C建築施工
いずれも五肢択一の学科試験
【2次】設計製図
木造建築士
国家資格
資格関連授業として実施 在学中に取得できる資格、授業料に含まれる 本校建築科を卒業した者
本校建築学科を卒業した者
木造建築を取得すると、木造建築物の設計及び工事監理を行うことができます。

※詳細については「建築士法」をご参照下さい。
1次試験と2次試験にわかれる
【1次】@建築計画 A建築法規 B建築構造 C建築施工
いずれも五肢択一の学科試験
【2次】設計製図
1級建築施工
管理技士
国家資格
    本校建築科を卒業後5年の実務経験を積んだ者
本校建築学科を卒業後3年の実務経験を積んだ者
1級建築施工管理技士は、一般建設業、特定建設業の許可基準の専任技術者、または管理技術者として活躍することができます。 【1次】学科試験
【2次】記述式試験
2級建築施工
管理技士
国家資格
資格関連授業として実施 在学中に取得できる資格、授業料に含まれる
(学科試験のみ)
本校建築科を卒業後2年の実務経験を積んだ者
本校建築学科を卒業後1年の実務経験を積んだ者
※学科試験は在学中(建築科2年生、建築学科4年生)に受験することができます。
2級建築施工管理技士の資格を取得すると、建設工事の現場で、主任技術者として活躍することができます。 【1次】学科試験
【2次】記述式試験
宅地建物取引士
国家資格
  在学中に取得できる資格 在学中に受験可能 宅地建物取引士は宅地建物の売買・賃貸などの取引と、その代理・仲介を行うことのできる資格です。資格を得るには宅地建物取引業法に基づいて、各都道府県知事が行う資格試験に合格すると登録、交付を受けることができます。
宅地建物取引主任者より名称変更(2015年度試験より)
不動産の取引に関する事柄について問う。
四肢択一の学科試験。
建築CAD技能
検定試験
((学)二本松学院認定)
民間資格
資格関連授業として実施 在学中に取得できる資格、授業料に含まれる 在学中に受験可能 CADを使って建築設計を行うことのできる技術者の能力を評価するのが建築CAD技能検定試験。1級〜3級までそれぞれ範囲を設け、CAD技術者としての技量・レベルを認定するものです。
※この資格は京都建築大学校が、技術者の育成とCAD技術の向上を目的として認定した独自の資格です。
1998年から現在まで16年間実施しており、企業からも高く評価されています。
3級/CADによる平面図入力などができる
2級/CADを使って構造図面などの作成ができる
1級/二級建築士試験出題程度の内容をCADを使って作成ができる
CAD
利用技術者試験
((社)コンピュータソフトウェア協会認定)
民間資格
  在学中に取得できる資格 在学中に1・2級とも受験可能 CAD利用技術者試験は、CADの知識と技術の向上を目指したもので、建築に限らず、CADを使った製図業務に従事するために必要です。 2級/CADに関する基礎的な知識を問われる(学科試験)
1級/CAD関連業務及び建築CADの専門的な知識を問われる(学科試験及び実技試験)
測量士
国家資格
  在学中に取得できる資格 在学中に受験可能 建築・土木の基礎となる、土地の測量や環境などを計測し、計量計画を立てて実施するのが測量士です。測量士は各営業所ごとに1人以上置くことが義務づけられています。また合格者は土地家屋調査士試験の午前試験(測量技術に関すること)が免除になります。 学科試験
測量士補
国家資格
資格関連授業として実施 在学中に取得できる資格 在学中に受験可能 測量士補は測量士の作成した計画に従って測量に従事することができます。合格すると公務員、測量事務所等の就職に有利です。また合格者は土地家屋調査士試験の午前試験(測量技術に関すること)が免除になります。 学科試験
建設業経理士/建設業経理事務士
民間資格
  在学中に取得できる資格 在学中に受験可能 建設業務計理士は、建設業の金銭面での帳簿処理等の能力に対応できる人材を養成するために設けられた資格で、現在建設業協会が最も重視している資格の1つです。
4級・3級が建設業経理事務士、2級・1級が建設業経理士となります。2級・1級は企業の点数として評価されるため、これらの級を取得することが望ましい。
4級/簿記の仕組み
3級/建設業の簿記・原価計算
2級/建設業の簿記・原価計算及び会社会計
1級/建設業原価計算、財務諸表論及び財務分析
1級管工事
施工管理技士
国家資格
    本校建築科を卒業後5年の実務経験を積んだ者
本校建築学科を卒業後3年の実務経験を積んだ者
1級管工事施工管理技士を取得すると、空調設備や給排水設備などの管工事において、高度の応用能力を有する技術者として指導監督的な立場で活躍することができます。 【1次】学科試験
【2次】記述式試験
2級管工事
施工管理技士
国家資格
  在学中に取得できる資格
(学科試験のみ)
本校建築科を卒業後2年の実務経験を積んだ者
本校建築学科を卒業後1年の実務経験を積んだ者
※学科試験は在学中に受験することができ、合格すると実技試験(記述式試験)のみで資格が得られます。
2級管工事施工管理技士を取得すること、空調設備や給排水設備などの管工事において、一応の応用能力を有する技術者としてそれぞれの現場の施工管理を行うことができます。 【1次】学科試験
【2次】記述式試験
小型車両系
建設機械
(3t未満)
特別教育
公的資格
  在学中に取得できる資格 在学中に受験可能 パワーショベルなどの機体重量が3トン未満の車両系機械を運転するための免許です。 技術講習修了時に行われる学科及び実技試験に合格することにより車両系機械運転技能者として認められる。ほぼ100%の合格率。
車両系建設機械
(整地・運搬・解体等)
運転技能講習
公的資格
  在学中に取得できる資格 小型車両系免許取得後、6ヶ月以上を経過している者 機体重量が3トン以上の車両系機械の運転免許で建設現場などでは欠かせない資格です。 技能講習修了時に行われる学科及び実技試験に合格することにより車両系機械運転技能者として認められる。ほぼ100%の合格率
小型移動式
クレーン
運転技能講習
公的資格
  在学中に取得できる資格 在学中に受験可能 走行が可能である吊り上げ重量が5トン未満のクレーンの運転免許です。 技能講習修了時に行われる学科及び実技試験に合格することにより車両系機械運転技能者として認められる。ほぼ100%の合格率。
玉掛技能講習
公的資格
  在学中に取得できる資格 在学中に受験可能 玉掛というクレーンの吊り上げ部分に鉄筋などの重量物をくくりつける作業に従事できる資格です。 講習終了後、終了試験に合格すること。ほぼ100%の合格率






インテリアプランナー
一般社団法人
(日本インテリアプランナー協会認定)
民間資格
資格関連授業として実施 在学中に取得できる資格、授業料に含まれる 在学中に受験可能。建築士取得者は実務経験不要のため、本校では在学中に登録可能。 インテリア業界で最高峰に位置づけられる資格。オフィス、商業施設、住宅など幅広い建築物におけるインテリアの企画・設計から監理までを行うことができます。有資格者となるには試験合格とともに「登録」が必要。2001年度より国の行政改革の一環で、国家資格から民間資格へと移管されましたが、一級建築士に次ぐ重要な資格として位置付けられています。 【1次】学科試験/インテリア装備、法規、計画、施工、建築一般
【2次】設計製図/建築士は学科試験免除。
インテリア設計士
((社)日本室内装備
設計技術協会認定)
民間資格
資格関連授業として実施 在学中に取得できる資格、授業料に含まれる 1級は実務経験が必要
2級は在学中に受験可能
高度な知識・技術をもとに、インテリア空間、インテリアエレメントの計画・設計・施工・管理が行えます。 学科試験(3分野)と実技試験(企画計画・表現)
インテリア
コーディネーター
((社)インテリア産業協会認定)
民間資格
資格関連授業として実施 在学中に取得できる資格 在学中に受験可能 インテリアに関する商品セレクト・コーディネートなどについてアドバイスを行うことができます。 【1次】「インテリア商品と販売」及び「インテリア計画と技術」の学科試験
【2次】論文・プレゼンテーション試験
インテリアパース
((学)二本松学院認定)
民間資格
資格関連授業として実施 在学中に取得できる資格、授業料に含まれる 在学中に受験可能 インテリアプランナーを目指す学生を対象とし、在学中に室内透視図の基本をマスターし、インテリアプランナー合格へのアプローチ対策として欠かせない本校独自の資格です。 3級/家具の透視図(ファニチャーパース)
2級/室内の透視図(カラーインテリアパース)
福祉住環境
コーディネーター
(東京商工会議所認定)
民間資格
資格関連授業として実施 在学中に取得できる資格、授業料に含まれる 在学中に受験可能 介護、福祉、医療分野と、建築、福祉機器についての専門知識を持ち、高齢者や障がい者が快適な住生活を送るために支援や提案を行うことができる資格。 3級・2級・1級があり、福祉住環境整備の基礎知識と基本技術、介護と住環境の問題点など。
カラーコーディネーター
(東京商工会議所認定)
民間資格
資格関連授業として実施 在学中に取得できる資格、授業料に含まれる 在学中に受験可能 インテリア分野だけでなく、ファッションやグラフィックデザインなど幅広い分野で「色彩」の知識を活かして仕事をすることができる資格。東京商工会議所主催の検定試験。 2級・3級/色彩に関する物理学・生理学・心理学などについての選択問題
1級/選択問題および記述問題
色彩検定
公的資格
  在学中に取得できる資格 在学中に受験可能 「感性」だけによるものと見られがちであった「色に関する知識や技能」を理論的、系統的に学ぶことにより、「理論に裏付けられた色彩の実践的活用能力」を身につけます。インテリアからファッション、グラフィックなどの幅広い分野で知識を活かすことができます。文部科学省認定の技能検定。 3級・2級・1級があり、色彩に関する基本的な事柄から心理的効果・配色・照明・エクステリア・ユニバーサルデザインの色彩など。

※印の資格関連授業については授業料に含まれています。(2015年度実績)
 内容については変更される場合があります。

※資格制度については変更される場合があります。

スマートフォンサイトはこちら