Q&A

社会人からの入学について

社会人ですが、入学してもいいですか?

もちろんです。
専用クラスもあります。

本校では、社会人の方や大学・短大・専門学校を卒業またはやめて、入学している学生もたくさんいます。そんな方たちのために「リカレントクラス」もご用意していますのでご安心ください。

どのような経歴の方、どのくらいの年齢層の方が入学していますか?

下記のグラフが示すように、本校へ入学されるリカレント生の経歴は、大学、短大を卒業した方、専門学校を出られた方、社会人をされていた方、また大学等を退学して来られる方などさまざまです。
社会人の方に関しても、業種は幅広く、多くは建築に関係のない分野から来られています 。
年齢に関しては、大学卒業時の22歳前後を中心に、20代前半から30代半ばまでの方が学んでいます。

リカレント生の入学経歴・年齢

年齢的に焦りがあるのですが、3年・4年と学んでいくことにメリットはありますか?

3年目(建築科2年+建築専攻科1年次)で取得できる国家資格「二級建築士」「木造建築士」(建築科(2年制)卒業時に受験資格を取得)や「インテリアプランナー」。
4年目(建築科2年+建築専攻科2年)で手にできる「大学卒業資格」。本校が一流・優良企業への就職を実現しているのは、これら3年目以降の、他大学生には取得できず、かつ社会的に評価の高い資格を手に入れて就職活動に臨めるからこそ。
年齢的な不安は確かにあると思いますが、より有利な状況での就職を目指すなら、やはり確かな資格や実力を身につけること。そうすればスタートが多少遅くなっても、その後の活躍をぐんとスピードアップさせることができるはずです。

入学後に決めることができる修業年限。
2年次後期に、3年目以降の進路を決めていただけます。

就職時に社会人として働いた経験などは活かせるでしょうか。

企業は即戦力となれる人材を求めています。社会人経験がある=社会人としての基礎は身に付いている、ということだけでもメリットがあります。また、建築関連であってもそれ以外の職種でも、必ず役に立ちます。
さらに本校で取得した資格がプラスされれば、実務経験を活かしたよりレベルの高い企業への就職も可能になります。