Q&A

資格について

KASDで「建築士」を取得することのメリットはどれほどあるのですか?

メリットは数多くありますが、特にお伝えしたいのは次の2点です。
1つ目は『社会的価値』の高さ。例えば医師になるためには、医師免許が必要なように、特定の業務を有資格者でなければ行えないよう法律が定めている資格を“業務独占資格”と言い、そのような背景から社会的な価値・ニーズが高くなっています。「建築士」も業務独占資格の一つ。そのため就職の際などにも、企業に対する大きなアピールとなります。
2つ目のメリットは、『在学中取得』(建築専攻科の場合)。単純に他大学生が在学中に取得できないことに対する有利さもありますが、さらに言えるのは、在学中に取得しなければ「建築士」に合格することは想像以上に難しいということです(下記合格率参照)。その理由は「建築士」受験者の多くが、働きながらのチャレンジであるため。仕事優先になりがちで、勉強時間を確保することさえ難しく、その上独学では難しいということでスクール費用も必要に。学生という立場で集中して勉強できる本校生がいかに合格に近い環境であるかがわかるはずです。また、手描きの製図が実際の業務でほとんど行われない昨今、本校で行う製図試験対策は、後の「一級建築士」受験にも大きく役立ちます。

KASDでは、在学中に どのような資格が取得できますか?

本校が特に取得を推奨する「二級建築士」「木造建築士」(建築科2年卒業時に受験資格を取得し、建築専攻科1年次に受験)や「インテリアプランナー」の他にも、インテリア系・福祉(バリアフリー)系・CAD系や建築現場で活用できるような資格を取得できます。

各種資格一覧