建築科 2年制

01 Architecture

建築コース

1年後期~

目指すは在学中の国家資格と広い分野に対応できる基礎固め。

建築の基礎知識と技術を習得し、建築の幅広い分野に対応できる基礎能力を培います。
昨今では現場を指揮する施工管理の仕事の需要が高く、2級建築施工管理技士の学科試験の在学中取得を目指します。
また、建築専攻科進学後および建築学科3年次編入後は二級建築士を取得し、建築業界で即戦力となる人材を目指します。

Certification在学中に取得を目指す資格

  • 2級建築施工管理技術検定試験
  • 2級インテリア設計士
  • 福祉住環境コーディネーター
  • カラーコーディネーター
  • 測量士補
  • インテリアパース
  • 建築CAD技能検定
  • 宅地建物取引士
建築専攻科進学後
  • 二級建築士
  • インテリアプランナー
  • 木造建築士


卒業後
  • 二級建築施工管理技士(要実務経験2年)
  • 一級建築士(登録要件実務2年または4年)
  • 一級建築施工管理技士(要実務経験5年)

Jobs目指せる就職先

  • 住宅メーカー
  • 施工管理会社
  • ゼネコン(建設会社)
  • 不動産会社
  • 工務店
  • 公務員
  • 建築設計事務所
  • CAD設計会社

ピックアップ授業

建築設計製図実習Ⅰ〜Ⅳ

建築製図の基礎的な知識を学び、技法を習得。住宅(木造・鉄筋コンクリート)の設計を通して技法・建築の理解を深め、二級建築士程度の設計製図能力を身につけます。

建築意匠模型制作

建築物を立体的にスタディする能力を身につけます。

CAD実習Ⅰ〜Ⅳ

実務に必要なCADの知識・技術を習得します。より高度な建築図面(住宅・集合住宅)を3DCADで作成します。

測量実習Ⅰ

基本的な測量機械についての構造・検査調査法・使用法を十分に理解し、さらに各種測量法の基礎的な知識と技術を学び、総合された応用力が発揮できるだけの能力を養います。

吉田 優一
2年生/柳井高校(山口県)出身

在学生の声

確実に資格を取得し、将来は祖父母のような建築士に。

祖父母が建築士だったので、自然と建築の道を志すように。資格が取れ、建築の勉強に専念できることからKASDへ入学。建築コースを選んだ理由は、製図のスキルを高めたかったからです。1年次で基礎を学び、2年次になって自分でプランを立てて描けるようになり、さらに製図が楽しくなりました。将来は、祖父母のように、住宅設計を手がけたいです。

【取得資格】
2級建築施工管理技術検定試験/2級インテリア設計士/福祉住環境コーディネーター3級/カラーコーディネーター3級/インテリアパース2級、3級/建築CAD技能検定2級、3級

資料請求
Open Campus